FASHION / Porter Classic

FASHION / Porter Classic

FASHION / Porter ClassicFASHION / Porter Classic

世代を超えて愛されるモノづくりを。

雷門と仲見世通りで有名な、東京を代表する歴史的ランドマークである浅草寺。東京の下町情緒を色濃く残す浅草は、今も昔も職人の街として知られ、街中には大小さまざまな問屋や工房が軒を連ねている。そんな浅草の裏路地にひっそりと佇んでいるのが、2007年に創業したポータークラシックの小さな工房だ。

ポータークラシックは、日本のファッションシーンを代表する人物の一人で、数々のヒットアイテムを生み出してきた𠮷田克幸と、その息子の玲雄が立ち上げたブランド。孫の世代まで愛される「世界基準のスタンダード」をコンセプトに、メイド・イン・ジャパンにこだわったものづくりを続けている。

ポータークラシックのシグネチャーと言えるのが、日本の伝統的な剣道着の素材や、刺子を用いたデザインだ。藍染めを施したコットンの剣道着は、丈夫なうえに色落ちの経年変化も楽しめる、風合い豊かな素材。着れば着るほど自分の身体の形に優しく馴染んでいくこの素材は、袖を通すたびに、完璧なシルエットへと変化していくのだ。

彼らが生み出したアイテムの中でも、特にイノベイティブなアイテムとして知られるのが「ニュートン」バッグだ。ショルダーストラップに採用したのは、日本の寝具メーカーである昭和西川が開発した、重圧をバランスよく分散する「muatsu(ムアツ)」。バッグの重さによるストレスを軽減してくれる、魔法のようなアイデア商品だ。

このようにポータークラシックでは、日本の職人技術と最新の技術を同時に取り入れながら、クラシックとモダンが融合した、タイムレスなデザインを日々生み出し続けている。伝統の技術や素材を古いまま受け継ぐのではなく、それらを現代的な手法とアイデアで日々アップデートしていくからこそ、時代を超えて愛される、新しいスタンダードを生み出すことが可能になるのだ。