国内外の料理人にも愛される街の小さな刃物店。

国内外の料理人にも愛される街の小さな刃物店。

うぶけや

230年以上の歴史を持つ「うぶけや」は、各種刃物の製造販売を生業とする刃物店だ。顧客には世界的に有名な料理人たちがもおり、その評判を聞きつけて、海外から店を訪ねてくる客も少なくないという。

国内外の料理人にも愛される街の小さな刃物店。

うぶけやでは2代目以降一貫して、自ら加工して仕上げた商品を自らの店舗で販売するうえに、刃物全般の修理も行うという昔ながらの“職商人”のスタイルをとっている。自分たちが加工、販売した商品の使い手から直接感想や新たな要望を聞くことで、職人の仕事はさらに洗練されていくのだ。「うぶけやで切れないものは、毛抜きとお客様とのご縁」とは、うぶけやに代々伝わる格言。長く大切に使う道具だからこそ、刃付けからメンテナンスまで、心を込めた手仕事がいつの時代にも嬉しい。

※「PEN」12月15日号より抜粋

国内外の料理人にも愛される街の小さな刃物店。